両家の顔合わせをしました

Days

結婚の前にやることっていろいろありますよね。
指輪や、親への挨拶、結納、顔合わせ、結婚式 etc…

その中で今回は私たちの顔合わせについてです。

顔合わせの前にやったこと

顔合わせの前にやることといえば、両家への挨拶ですよね。

まずは「結婚します」「結婚させてください」のお許しをもらわなければいけません。

私の実家は長野、彼の実家は名古屋なので、行くのが大変ですが、ちゃんと挨拶に行くことを考えてました。

ですが両家ともに、わざわざ挨拶のこなくて良いよと言われました。

以前、どちらの家にも行ったことがあり、 顔も知ってるし、家の片付けが大変だからとのこと・・・

私たちはその言葉に甘えて、挨拶には行きませんでした。

なので、顔合わせの前にやったことは、顔合わせのための準備だけです。

実際に行なったことは以下です。

  • 顔合わせの場所、日にちを決める
  • お店を探し、予約をする

 

顔合わせの場所はお互いの実家が離れている場合は、中間地点で行なうことが主流なようです。私たちもどっちかの地元で行なうか、私たちの住んでいる東京にするか悩みました。

 

考えた結果、どちらかの実家で行なうと、気を遣ってしまうし、

名古屋→東京も、長野→東京もそんなに負担はないし、東京だったら買い物も観光もできると思い、東京で行なうことにしました。

両家とも東京開催に賛成してくれました。

東京開催になったことで、次はお店探しです。

お店探し

東京には顔合わせに最適なお店がたくさんあります。

漠然と、「顔合わせ お店」等で検索すると、とんでもない量が出てきます。笑

その中で以下の条件で探しました。

  • 新宿駅から近い(私の両親が新宿にバスが到着するため)
  • 個室
  • 日本酒がある(私の父は日本酒しか飲まないため)
  • 予算は5,000〜8,000円(MAX10,000円)

この条件に合致したのが「ほり川」です。

ほり川は小田急ホテルセンチュリータワーサザンタワーにあり、新宿南口から徒歩3分と

とても近いです。

コースもたくさんの種類があるので、自分たちの予算に合わせることができました。

半月ほど前に電話で予約しました。予定通りの11時半からです。

 

店舗情報はこちら

 

服装

男性はスーツですが、悩むのは女性ですよね。。。

私は普段とてもカジュアルで、よそ行きの服装が1着しかないので、その1着で決まりです。笑

MAGARET HOWELL のシンプルなネイビーのワンピースです。

シンプルなワンピースを1着持っていると万能です。

少しオシャレなところに行く時も、友達の結婚式の2次会の時もこのワンピースでした。

 

両親たちもあまりかしこまった服は嫌だと言っていたので、

けっこうラフな感じかと思いきや、しっかりジャケット着てました。

そんな中、私はワンピースにカーディガン。まあいっか・・・

ヒールを履くのも嫌でしたが、ぺったんこのローファーにしたらとてもカジュアルになってしまったので、頑張ってベージュにヒールを履きました。(たかだか2,3㎝ですが辛かった)

 

当日

いよいよ当日です。

私の親は新宿着、彼の親は品川着だったので、お互いお迎えに行き、

ホテルのロビーで待ち合わせをしました。

ほり川はホテルの中のレストランなので、待ち合わせ場所もありよかったです。

待ち合わせ後、ロビーで挨拶をし、そのままほり川に向かいました。

 

個室に通され、さすがに若干緊張しました。

 

何を話せばいいのか・・・

沈黙したらどうしよう・・・

 

と少し心配していましたが、とても話が弾み、私たち本人が話すことはないほど

盛り上がっていました。

 

私たちの選んだコースは個室を予約できる一番お安いコースでしたが、

ボリューム満点で、美味しく、見て楽しむこともできました。

料理のでてくるタイミングもベストでした。

時間は、次の予約があるようで予定通りの2時間でした。

手土産

お土産は、どんなものにするか、私たちを通して事前に確認しました。

両家とも、地元の有名なお菓子でした。

私たちからのお土産はとくに用意するつもりありませんでした。

ですが、前日に出かけにいったところに塩の専門店があり、

彼が以前から気になっていた「トリュフ塩」を渡すことにしました。

自分ではなかなか買わない高級な調味料。母親たちは喜んでくれたのでよかったです。

 

まとめ

今回は、実際に行なった顔合わせについてでした。いかがでしたでしょうか。

結婚については地域によっての風習や、昔からのしきたり等、色々ありますが、

絶対にこうやるもの!というものはなく、自分たちにあったやり方でいいんだと感じました。

両家ともに、かしこまったものはやりたくない、カジュアルに、ということで一致したので、

とてもスムーズに進みましたが、意見が割れると色々と決めるのが大変かもしれません。

少しでも参考になればよいなとおもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。