生活

MacでOSバージョンを10.10.5からあげる方法

今回は、MacでOSのバージョンを10.10.5からあげる方法を紹介します。

私の場合がそうだったのですが、10.10.5からOSをアップデートしようとしても「ソフトウェアアップデート」の中に表示されず困っていました。
この10.10.5はYosemiteで最新。この先はアップデートではなく、アップグレードになります。

それではさっそく、アップグレード方法を紹介していきます。

Mac OS Big Surにアップグレードする方法

2021年10月の時点で、アップグレードするには、最新のBig Surにアップグレードする必要がなります。

手順1.App StoreにてBig Surをダウンロードする

まずはAppStoreにいき、検索窓に「big」と入れ、検索します。
すると、「macOS Big Sur」というのが表示されます。
この「macOS Big Sur」をダウンロードしてください。

ダウンロードとシステムを動かすために20GBほど必要です。空き容量があるか確認してから行いましょう。

手順2.Big Surをインストールする

ダウンロードが終わると、インストーラが自動で開きます。
「続ける」をクリックして、画面上の案内にしたがって進めます。

Macをスリープ状態にしたり、蓋を閉じたりせず、そのままインストールが終わるまで待ちます。途中で画面が真っ暗になり動いているのか不安になりますが、中で動いているので、触らないようにしましょう

10.10.5からBig Surの最新バージョンにならない場合

10.10.5から現在の最新バージョンまでは、5.6段階くらい上がります。
うまくいけば一度にBig Surの最新バージョンにアップグレードできるのですが、途中のバージョンまでしか上がらない場合があるので、その際は何回かに分けて、ダウンロード、インストールを実施しましょう。

操作方法がわからない場合

Macの操作に慣れていなくてよくわからない場合は、Macのサポートに依頼しましょう。

サポート方法は3つあります。

  • 持ち込み修理
  • チャット
  • Appleサポートと電話で話をする

私は、今回のアップグレードにあたり、電話のサポートを依頼しました。
夜に予約をし、翌日の朝10時の枠を取りました。

時間になると、サポートセンターの方から電話があり、
困っていることを伝え、そのまま、画面共有をしながら、実施内容を進めていきました。

画面共有しながら、作業を進められるので、とてもわかりやすく進めることができます。

私はアップグレードの他にもたくさん聞きたいことがあったため、1時間くらいかかりましたが、
とても丁寧に対応いただきました。

もし困っていることがあれば、ぜひサポートを依頼してみてください。

ABOUT ME
SAKI
SAKI
1990年生まれのインフラエンジニア。 2019年6月に男の子を出産。 WEBに興味を持ち、趣味でブログをはじめました。 グルメ、子育てについてがメインになりますが、ジャンルを問わず、たくさんのことを発信しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。